子どもが刺されるリスクを回避するには蜂対策が重要。

蜂に襲われないようにするには

夏休みは子供が喜ぶ時期ですが、蜂の動きが活発になり危険が高まる季節でもあります。刺されないように次のようことに注意して子供を守りましょう。

蜂に刺された時に内科を受診する人がいますが、この場合は皮膚科を受診するようにしましょう。ただし、子どもの場合は小児科になります。蜂に刺されるとアレルギー反応が出ることがありますが、自分の子どもがアレルギーかどうか知りたいということであれば、蜂毒アレルギーの検査を受けると良いでしょう。蜂毒アレルギーかどうかを調べるには、血液検査と皮膚検査の2つの方法があります。もし蜂毒アレルギーだと分かったら、根本的な治療で治すことができます。また、万が一蜂に刺された時のためにアナフィラキシー補助治療剤というものを携帯しておくと良いでしょう。

TOPボタン